2017年06月24日

うさと座 ヨーロッパツアー

うさとのファッションショーとパフォーマンス
のためイギリスに行ってきました。



出発の日は、龍神様に深く関わりのある日という

ことを空港に向かう道中に知りました。

空港に着きチェックインしようとカウンターに

向かうと眼前に現れたのはなんと!!


F66D53C3-42E4-4311-9950-ABB8EC970163.jpg


吉兆ですねヽ(´▽`)/

ひさびさの空の旅を楽しみロンドンへ

317A3EA2-1EE1-4364-8E73-56DF95EC9B86.jpg


まずロンドン一泊、ヒースロー空港近くのホテル

朝早く目覚め、この地の朝の匂いと太陽に挨拶


A1154406-04C5-4041-AB9D-EEEF549029AA.jpg


ロンドンからトットネスにあるシューマッハカレッジ

まで車で移動、途中ストーンヘッジにより最初の

prayer play! ストーンヘッジは完全に観光地化されて

おり途中で止められるかと思いきや、見物者からは

賞賛されあたたかくイギリスの地に迎えられたよう

です。

77AA4E24-7C0B-4628-9650-CCB75E3B466D.jpg

1E027DFE-5BD1-4D91-88E8-52A89904B81A.jpg

もう一つのスポットへ立寄り、こちらで2回目の

prayer playは鎮魂の式となりました。

737C1897-A875-48E3-89AA-F57C93B5C7C9.jpg

03AF87AE-D304-404A-845A-E8EBB024253E.jpg

802CFFA8-AA06-4438-974B-8D75E3567294.jpg

途中パブで食事とビールをいただき、シューマッハカ

レッジに到着。

古き良き建物の学校に、すごく氣の良い先生や生徒の

方々に迎えられました。

BE0FEE0A-754C-4C86-B4B7-4F62DA0BF6DC.jpg

77959740-8ABC-40B1-AE42-0B9923C51F3A.jpg


その夜はゆっくりして、翌日は会場準備のため

Dartington Hollへ、こちらも古き良い空間や庭があり

裏の墓地なは樹齢2000年のマザーツリーも!

準備や下見、打ち合わせを終えて突然、ライブラリー

でセッションスタート。

264B14A3-17C6-4B18-97D8-A32BD12D7A68.jpg


この時の様子が噂で広まり、夜のミーティングで

生徒達が集まっている時にもう一度やってほしいと

サティッシュも観たいと希望あり、夜はライブ決定!



夜までの間にフリーな時間があり、縁あって現地を

案内してくれる方とお会いして、さらにスポットへ

案内していただきました。

1D0CCF46-622B-4721-AFC2-ACCBB3C93E28.jpg

9575E0F1-B943-454B-A88D-2EC19F1A8392.jpg

460E24EB-4228-4E3F-9E08-72B01DE0AACA.jpg

44CEED6F-5BF9-4CB5-9DD8-71CE7F473D17.jpg

50250279-DE1F-43D8-804C-57C380D7DF6A.jpg

疲れも吹き飛ぶほどの大自然でした。

ohーーファンタスティック((((;゚Д゚)))))))



Dartington Holl のライブラリーにもどり、すっかり

ライブの時間! 急いで準備してGo!

今回はJapan dayということで、舞だけでなく

居合も披露、真剣、模擬刀の持込をイギリスは禁じ

られているため木刀での演武でした。


26FFB0E0-A8DD-4233-AB24-A52F7917E59E.jpg

F2E11944-6D3C-469A-983B-5AB108A314DE.jpg





翌日は早朝にマザーツリーのもとでprayer play!


E0416252-331C-44D7-9547-E7BA42CC5B9A.jpg


朝早くマザーツリーのもとへ行くと、イギリス青年が

木の下に綺麗に布団を敷いて寝ていました。

最初はホームレスかと思いきや、この木に会いに来て

この木と眠るために昨夜来たと言います。

なんだかそんな感覚が豊かだなぁ〜っと

あたたかくなりました。




今日はパフォーマンスからファッションショー

翌日はパフォーマンスとお茶席もあり、

盛りだくさん。



毎日充実したイギリス滞在!

分刻みとゆうより、ずっと継続する流れに

波乗りしながら瞬間、瞬間を全力で生ききった。



本当は人の一生はこういうものだろうと思います。

瞬間、瞬間を生ききること

先ではなく今を

今という点がまた次の今という点と繋がり

線になって行くのだと思います。



703B32AD-EBD0-4F73-9760-CD396FC302CF.jpg

356D39A4-9DA6-4CAC-9885-4FEAF247CC76.jpg

B76BE27F-A365-41F6-958A-FC6549A94AA0.jpg

3EA741EC-28FB-4761-95F7-5750AB1EBBB9.jpg

ACA01F21-AC60-45AA-A242-B4EC0A506035.jpg

97D4C6BB-C8A9-498D-B6CB-3A3795530AEE.jpg

7AAAD0C8-AF61-43EE-A0FC-2266088665D7.jpg

A18CD92D-C500-423C-B687-680BF723F737.jpg




お茶席

8751C307-21D3-4DC9-B646-4ADDE83C73CD.jpg

80DA6EB8-CDCB-41E9-94C4-5D80B12B3856.jpg

6263890A-1FE4-431E-B83B-542FCDCB606D.jpg

79CF1B86-146C-4243-B987-6F26A7680B40.jpg

128C2E6A-0718-48AB-A801-9FD27E31CEC2.jpg

0338239F-F4EE-451D-91C9-8A9AA6908F81.jpg









posted by G at 23:43| Comment(0) | ダイアリー(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: