2017年12月03日

薬師寺納経インドツアー

11月23日の夜には羽田空港からインドへ
薬師寺納経ツアーでした。




毎年開催される玄奘三蔵の法要祭で伎楽、雅楽の

舞台があり、来年そこで三蔵法師の役を頂戴したため

この度はインドへ同行し、実際に玄奘三蔵が仏教を

学んだナーランダーへ行き、法要と奉納舞と音を

してきました。その他各地で毎日法要、奉納演舞。



私自身は仏教徒ではないですし、特に宗教にも興味は

ありません。だからこそ客観的に宗教を観て体験する

ことが出来たと思います。




釈迦が悟りを開いたというブッタガヤには、

世界中の仏教徒が集まり、其々の国のお経を

あげていました。国によってはとても明るくて

ハッピーはものもあります。



祈り型はそれぞれ、なにより気持ちが大切なの

だと改めて思います。



また世俗を離れ仏の道を歩むという生き方が、

世界の御坊様なのだとも思います。


その点からみたら、日本のお坊さんは

結婚もしますし、酒も飲みます。

他国の御坊様と比べると、仏法から外れた生活に

矛盾がみえてきます。



その道を生きる者というよりは一つの職種、

職業でしかないのかな?っと、正直思います…





インドは、行く前はとても不安でしたが、

好きになりました。

旅はどこに行くかではなく、誰と行くかだと

言います。


お互い尊敬し合える、うさと座の仲間達と共に

行けたことで、始終笑った旅になりました。



ガンジス川に皆んなで沐浴出来たときは、皆んなと

一つの川の中で溶け合った感覚でした。


ありがとう。


C2D58AD3-DEC2-46B8-BA69-EF2749FA1D90.heic

62B1E597-731A-454A-BE12-DCBEED951D27.heic

DA38A8C4-5ABF-440D-8FBD-69E67C864BAF.heic

7B4D7EC6-614B-4685-BFF4-0A74608FCF5C.heic

B72B942E-ECD4-464A-BB73-0A4692F3ED3E.jpg

9B058EFD-2662-4441-B4ED-D0BE58EE5750.jpg

5405D31A-0398-44A2-B040-68EE9E476105.jpg

7932E71A-179B-4843-B213-BDADCA846C5A.heic







posted by G at 21:54| Comment(0) | ダイアリー(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うさとファッションショーin青梅

11月23日に東京青梅の繭蔵にて開催された
Usaatoファッションショーに出演、

オープニングパフォーマンスをうさと座で

行ってきました。


今回衣装は全て新作!

ステキな衣装たちでした。

B233CA3A-CECB-4632-9BB2-C574907F9EBD.heic

16750F89-FE72-4EBF-972A-379E52B47302.heic

912E7682-F098-4293-8F47-4415D19D74CB.heic

7C6534DF-9F9F-4DE8-A43D-05F0398B6384.heic

BE9E840C-C8CD-40D1-A74C-95944A424274.heic

D8289098-DD2A-426B-98C1-DC7091B5AE06.jpg
posted by G at 21:14| Comment(0) | ダイアリー(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

うさと座 満月の茶会

昨日の満月の日、京都ちおん舎にて
"うさと座流 茶会"が開かれました。



実は今年6月にイギリスはシューマッハカレッジ

のサーティッシュ・クマール氏の所にお伺いし、

すぐ近くのダーティントンホール、禅ガーデン

にて行われた"うさと座流 茶会" 

舞あり、演奏あり、お点前ありと、

贅沢な時間を過ごしていただき、また男性だけで

行うお茶席は、現代では珍しく、その光景は

なんとも言えない美しさもあり、大好評に終わり

ました。



そのお茶席を日本でもやろうということで、

京都に集合しました。この度は、Usaatoの

デザイナーうさぶろうさんの友人である

世界的に活躍されているピアニスト

デルガード氏をゲストに迎えての開催!



舞、演奏、お点前、うさと座流を楽しんでいただき

ゲストのデルガード氏の演奏も堪能していただき

ました。


デルガード氏の演奏は遥かに予想を上回る演奏で

私も素晴らしいピアノ演奏を楽しませていただき

ました。

48703685-C78A-4377-AD94-BFEA16501961.jpg

5F13DDFF-589F-47DB-90D5-A454BF9342A5.jpg


翌日には、サーティッシュ・クマール氏がこの度、

来日ということで、舞と演奏でお迎えし、再会を

果たしました。

彼のトークもパワフルで愛に満ちています。

決して宗教的ではなく、ユーモアに溢れていて

素晴らしい話しをされていました。

来年はまたイギリスで再会かな?

D635892D-DB67-4846-B9D6-F468A7C54190.jpg

9D297AEB-9BD3-409C-B29C-1ACC5F620405.heic



posted by G at 15:22| Comment(0) | ダイアリー(日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする